湯治

あたたかくなってきました。
春休みを利用してお出掛けという方も多いかもしれませんが

なかなか、お出掛け出来ないので
気分だけでも湯治しようと思いまして

本当かもうか知りませんよ…。

お風呂に重曹を入れて入ると
アルカリ温泉が出来上がるとか。

重曹は65度以上のお湯にとかし、
そのお湯をお風呂に入れるのだそうですが…。
そうすることで強アルカリに変化すると…ネットの受け売りです。
(全体のお風呂のお湯は39度くらいがいいらしい…あちらこちらからの抱き合わせ)

アルカリ温泉は美肌の湯と言われるやつでして
肌がツルツルになるやつです。

調べると、白馬八方温泉の小日向の湯がかなりアルカリ性が強い
露天風呂なんですが、人気があるそうなんでなるほどね!とうなずけます。

人間の体は、食べ物などの影響により酸性になりやすく
弱アルカリ性にしておくと病気にならない健康な体でいられるとかなんとか

とりあえずデカイ袋を頼んだら
重いこと重いこと
家の前で、あまりの重さにひっくり返ってしまい

通りかかった若者に
『大丈夫ですか?』とご心配いただくという迷惑をかけつつ
今夜から湯治を楽しみます。

重曹
重曹…それは白いお粉。
画像はどなたかから拝借しました。
ごめんなさい。
白い粉を素敵にとってあったもので

追い焚き式のボイラーの方はやっちゃだめよー

追伸、健康について調べるなかで
私はいよいよ究極の方法にたどり着きました。
それは、アニマル浜口のワッハッハ、オッホッホってやつ
です。
病気をやっつけるには笑いが必要です
でも、人それぞれ笑いの質って違いますよね。
あのワッハッハ。オッホッホは
ただ、発しているだけなのに
楽しい気持ちになるし、そうでなくても体には作用しているはず
さらに体の動きをつければ完璧です。
これは。万病にきく特効薬と言ってもいいと思います。

さあ、みんなでレッツ、ワッハッハ!

コメント


認証コード8246

コメントは管理者の承認後に表示されます。