良い経験でした

お施主が一生懸命壁と天井を塗装してくださってます。

最近はDIY人気も手伝って
自分で塗ってみたい!!
という方も増えました。

でも、実際は本当に最後の最後
全てお膳立てされたところへ
塗るというのがほとんどです

でも、今回は下地処理
ビスやボード同士の繋ぎ目を埋めて
平らにするところから
やって頂いています。

既に工程表通りに水廻りは塗り終えて
今はタイル屋さんと、クロス屋さん(床のクッションフロア貼り)が作業に入っています。

私も事務所の工事で下地処理を経験していますが
これだけの面積に向かい合うのは初めて…

お施主さんも、一生懸命情報を集めて
試行錯誤しながら施工してくださいました。

職人さんのやっている姿は
流れるようなリズムで
サーっと出来ているのに

いざ、やってみると
全然思った通りにいかない。

どれだけいじくりまわしているんだ?
と言う位にコシコシこすって
粉まみれになっても、まだまだ凹凸を感じる…

理屈はわかっているけれど
そのようにはなかなかいかない…

その繰返し

汗だく粉まみれダルマ!
と自分の汗かきに呆れる日々

でもこの経験は、本当に宝でございます。

職人さんの仕事がどんなに大変なのか
良くわかったし
この作業がいかに大切かも

そして、みんな気にかけてくれて
色々話しかけてくれたり、
教えてくれたりして

みんな、
『大変だよねぇ~お施主さん良く頑張ってるわ!』
頑張っている姿、少しずつ進んでいる様子、試行錯誤をずっと見ているので
口々に…

同時にお施主さんも職人さんの仕事ぶりをずっと見ているという
特別な感じ。

そういう意味では良かったかなぁ
と思っています。

私も
一緒の時間に仕事している
クロス屋さん、左官屋さんの仕事ぶりに惚れ惚れしたり…

心の底から『いいねぇ~』という言葉がこぼれます。

見てると出来そうなんだけど
実際やらないとわからわないこと沢山
見事な仕事だなぁ…と思います。

こんな大変な作業を
お施主が楽しみながら工事してくださるおかげ

とても勉強になってます。
へや_に

コメント


認証コード2664

コメントは管理者の承認後に表示されます。